ばずり速報

ノージャンルで記事をまとめています!暇つぶしにごゆっくりしていってください!!!!!

    2018年02月

    1: 金メダル ★ 2018/02/23(金) 18:26:06.00 ID:CAP_USER9
    「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究 (1/4)
    2018年02月21日 07時44分 公開
    [産経新聞]
     書店の売り場で少なからぬ面積の棚を占める一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えた
    KADOKAWA(富士見書房ブランド)の老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。同誌についての初の本格的研究書
    「ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語-狼煙を上げた先駆者たち」(勉誠出版)の著者で目白大専任講師の山中智省(ともみ)さん(32)に、同誌に着目した理由を聞いた。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/21/news057.html


    画像
    イラストレーターのあらいずみるい氏が表紙を手がけた「『ドラゴンマガジン』創刊物語」(山中智省著、勉誠出版)
    画像
    山中智省さんが入手した希少な「ドラゴンマガジン」創刊時の資料。左から創刊ゼロ号(見本誌)、
    広告主向けの媒体資料、書店などで配布された読者向けの小冊子。「ビジュアル」表現の重視を企図していたことがわかる(磨井慎吾撮影)


    ラノベ研究の盲点

     〈ライトノベルの定義は諸説あるが、アニメ・マンガ風のキャラクターを表紙や挿絵に多用するなどのビジュアル要素の重視が特徴として挙げられることが多い。
    大学などのアカデミズムの場でもここ10年ほどの間に、文学研究やサブカルチャー研究などの流れを受けて徐々に注目されるようになった。
    山中さんの今回の著作では「ドラマガ」草創期を軸に、資料調査や関係者へのインタビューを通じ、今日のライトノベルというジャンルが確立する過程を描く〉


    ――「ドラマガ」に着目したきっかけは

     「2010年に修士論文をもとにした『ライトノベルよ、どこへいく-一九八〇年代からゼロ年代まで』(青弓社)という本を出しました。ライトノベルという言葉は現在すっかり一般化していますが、
    そこに至るまでにどのような経緯があったのかを、1980年代からゼロ年代に至る新聞や雑誌の記事を主に用いて、言葉の意味の変遷や社会的な広がりを追いかけた本です」

     「刊行後、書評や研究会の場などで感想を頂いた際、一般読者向けの新聞や雑誌だけでなく、コアなライトノベル読者層により近い資料を扱えば、
    もっと当事者レベルで貴重な発見を得られるのではないか、というアドバイスを受けました。その後、ライトノベルが現在までどう発展してきたのかという流れを追う上で、
    定点観測できる資料として、『ドラマガ』をはじめとするライトノベル雑誌に注目するようになりました」



    コスプレ衣装、編集者の母が制作
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/21/news057_2.html
     →次のページへ
    copyright (c) 2018 Sankei Digital All rights reserved.



    引用元: ・【小説】 「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究

    【「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究 】の続きを読む

    1: THE FURYφ ★ 2018/02/23(金) 22:32:22.62 ID:CAP_USER9
    平昌五輪に出場したフィギュアスケートの米国ペアに対し、北朝鮮の「美女応援団」の1人が拍手を送ったことが
    米メディアで話題となっている。北朝鮮選手に大声援を送る任務を負う一方、五輪観戦を純粋に楽しむ最中に
    起きたまさかのハプニング。"敵国"米国を利するかのような行為に気付いた隣のメンバーが慌てて、止めに入った。

    22日付の米紙USAトゥデー(電子版)によると、ハプニングが起きたのは15日、米国のクリス・クニエリム(30)と
    アレクサ・シメカクニエリム(26)のペアがリンクに登場したシーン。

    頭に毛糸の帽子、ブルーと白の上着をまとって縦約10列、横約10列に美しく陣取った美女応援団のうち、
    右端中段付近に座っていた女性が突然、笑顔で拍手をし始めた。

    しかし、ミサイル・核問題などで激しく対立する敵国への行為に気付いた左隣のメンバーが慌てて、女性を
    右肘でこづいた。拍手を止めた女性はその後、"鉄仮面"のように無表情を貫き通した。

    美女応援団は故金日成(キム・イルソン)主席の若き日の姿そっくりのお面をかぶったり、茶色のサングラスを
    かけたりして声援を送るなど、徹底的に訓練された「美の陸軍」(米FOXニュース)ともいえる存在。だが、同紙は
    「五輪の興奮の最中にあって、突発的な拍手は押さえ難くなるものだ」と、"規律違反"をしでかした女性の心境を
    代弁している。

    米国ペアは結局、演技がふるわず16組中15位。一方、キム・ジュシク(25)、リョム・テオク(19)の北朝鮮ペアは
    美女応援団の大声援が奏功したのか、米国を上回る13位と健闘した。キムは「応援団が心を合わせて応援してくれて、
    力が湧いた」と満面の笑みを浮かべた。

    http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180223/pye18022314570041-n1.html



    引用元: ・【平昌五輪】北朝鮮「美人応援団」の1人が米国選手に拍手、隣のメンバーが慌てて制止

    【北朝鮮「美人応援団」の1人が米国選手に拍手、隣のメンバーが慌てて制止 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/23(金) 01:45:50.334 ID:kFvTAGyk0
    労働意欲が減る
    →そもそも無用な過労を防ぐためにある
     実験結果でも減ってない

    医療費が減る
    →衰退国だからもともと維持できない
     医療費に上限を設けたようなもの

    社会の労働力が減る
    →人的資源の回復が優先
     過去の遺産でうまく食いつなぐのがBI



    引用元: ・ベーシックインカム反対論って貧弱すぎない?

    【ベーシックインカム反対論って貧弱すぎない? 】の続きを読む

    このページのトップヘ