ばずり速報

ノージャンルで記事をまとめています!暇つぶしにごゆっくりしていってください!!!!!

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [KW] 2017/11/27(月) 15:40:32.97 ID:mUqVFA/z0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    借金が「1億7000万円」残っていることを告白したさゆり(48)はこの日、「リアル半沢直樹みたいな人が現れた! 
    借り換えさせてくれたんです」と明かした。かつみ(54)が「金利が年4・725%だったのが、1・475%になったんです。
    簡単に言うと2億円の借金で1000万の金利を払っていたのが、300万円になった。これまで金利だけで2億6000万円払っていたんですよ!」と
    興奮しながら説明すると、2人揃って「池田泉州銀行さん、ありがとうございます!」と借り換えさせてくれた銀行に頭を下げた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13947045/
    no title

    【かつみ・さゆりが借金の借り換え「金利が年4.725%から1.475%」 借金が1億7000万円に減った】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/11/28(火) 12:21:01.76 ID:CAP_USER9
     タレントの武井壮(44)が27日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後11・00)に出演。説教中のスマートフォン操作について「いいんじゃないのって思う」と話し、その理由を明かした。

     大相撲の横綱・日馬富士の貴ノ岩への暴行の発端の一つともされている「説教中のスマホ」。漫画家の倉田真由美氏(46)が「説教中はダメ。話を聞いてくれてないなって思っちゃう」と、否定的にコメントしたのに対し、武井は「僕は、いいんじゃないのって思いますけどね」と理解を示した。

     その理由として「怒るって、こちら側の都合。説教する心持ちって、自分のことを"俺に対して失礼だ"みたいなことだから」と説明し、自身は「説教しようなんて思わない」と話した。

     仮に、相手がスマホをいじっていたら「いじる理由を考えたら、これ(説教の内容)より大事なんだろうって。すごいリスペクトされていたら"はい、すみません"って、話を聞きますから。そうじゃないってことは、俺がリスペクトされていないってこと。怒ってもしょうがない」。失礼かどうかは説教する側の事情でしかないと指摘し、共演者をうならせた。

    https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/28/kiji/20171128s00041000066000c.html



    【武井壮 説教中のスマホ操作に理解「リスペクトされていないってこと」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/27(月) 12:15:32.61 ID:eFHSVoX/0● BE:284093282-2BP(2000)
    「俺離れ」男子の心は?「僕」は謙虚「自分」は中立?一人称に迷う若者

    ある男友達(30)は親しくなって食事に行っても、一人称は「僕」のまま。男性と仲良くなって、職場で聞く「僕」から「俺」になる瞬間に、いつも嬉しさを感じていたのに。
    「なぜ俺って言わないの?」と尋ねると、「今『俺』て言う奴いるの?」と。もしかして、若者は「俺離れ」が進んでいる?

    Business Insider Japanが「あなたがプライベートで使う頻度が高い一人称は?」とネット上でアンケートをした結果、10~60代の約500人から回答が集まった。
    10~30代はいずれも「俺」が最多。勝手に仮説を立てた「俺離れ神話」は、早速崩れたか?

    PR会社勤務の男性(27)は、中学、高校は「俺」だったが、大学の途中から「僕」「自分」に変わった。
    「『俺』というと、自己主張が強いとがった感じ。『僕』は万人受けする」と思っている。
    Facebookの友達が増え、自分の知らないところで、「『なし』にされるのが怖くて」と自己分析する。

    自身より上の世代は、「Men's egg」や「MEN'S KNUCKLE」といったギャル系、お兄系の雑誌がはやり、「『俺』世代が多いのでは」とみている。
    しかし、自身は「POPEYE」や「MEN'S NON-NO」というマイルドなイメージの雑誌で育ってきた。
    男性と同じ会社に勤務する女性も、「28歳の弟も、『僕』と言っている気がする」と共感する。

    (中略)

    そんな中、根っからの「僕」派もいる。塾業界で働く男性(33)は、「俺とは言いません」ときっぱり。俺と名乗った経験もなく、「ようやく僕に時代が追いついた」と冗談交じりに歓迎する。

    「(俺は)なんかカッコつけてる感じがいやで。人と一緒というのもいやだった」と明確に「僕」を意識する。周囲から「なんで僕なの?」と聞かれたこともある。

    「俺」「僕」に続き、若者世代に大きな勢力の「自分」派は、どう思っているのか。

    メディア会社勤務の男性(28)は、学生時代は「俺」、社会人になってから「自分」に変化した。
    「周りには『僕』という人も結構いるが、謙虚アピールがちょっと強いかな。気を遣って『僕』と言っている気がして」と苦笑い。

    対して、「『俺』はちょっと自己アピールが入っているんじゃないですか。『自分』は、中立的に自分を言っている、感情が入っていない気がしています」とみている。
    仕事、プライベートともに「自分」だが、家族の前では「俺」かもしれないという。

    (以下略)

    https://www.businessinsider.jp/post-107522

    【若者の「俺」離れか? 「俺は自己主張が強すぎる。僕の方が謙虚で万人受けするよね?」】の続きを読む

    このページのトップヘ