ばずり速報

ノージャンルで記事をまとめています!暇つぶしにごゆっくりしていってください!!!!!

    1: 渋柿の木 ★ 2017/11/21(火) 12:10:59.68 ID:CAP_USER9
    ◇「春一番」「シルエット・ロマンス」…「歌詞の力が圧倒的」

    1970~80年代の「昭和歌謡」が脚光を浴びている。
    青春を懐かしむ中高年のブームと思いきや、10~20代までが、その世界観に夢中のようなのだ。
    平成の世となって29年。あらゆる娯楽に満ちたこの時代に、なぜ昭和歌謡にひかれるのか?【鈴木美穂】

    【昭和歌謡を歌うレビュー劇団「虎姫一座」のショー】

     
    東京・浅草の「アミューズ カフェシアター」。週末の夜に訪れると、定員80人の店内はほぼ満席だった。
    ここは、昭和歌謡をモチーフに歌ったり踊ったりするレビュー劇団「虎姫一座」の拠点だ。
    2010年12月、「古き良き昭和歌謡のリバイバル」をコンセプトに結成されて以来、公演は2900回を超す。
    この夜の演目は、70年代の人気グループ「キャンディーズ」のヒット曲でつづる「70年代の奇跡 『微笑(ほほえみ)がえし』」。
    中高年の男性らに交じり、20代とおぼしき若者の姿も目立つ。

    一座は、70年代のアイドルをほうふつとさせるブルーのワンピースをまとって登場。
    「一緒に歌いましょう!」。笑顔で呼びかけると、大きな歓声がわき起こった。
    76年のヒット曲「春一番」では、観客も見よう見まねで振り付けを楽しみ、「♪もうすぐ春ですね」は大合唱に。会場は一つになった。
    約1時間半のショーでは「ハートのエースが出てこない」「年下の男の子」などを迫力たっぷりに聴かせたかと思えば、昭和コントのコーナーも。
    かっぽう着姿のお母さん、半ズボン姿の男の子らがちゃぶ台を囲むシーンは、昭和にタイムスリップしたかのようだ。

    月に1~2回、足を運ぶというウェブデザイナーの女性(29)は「高校生の時から昭和歌謡を聴いています。好きな曲? 堀江淳さんの『メモリーグラス』とか」。
    女性に連れられて来店した男性(34)も満足げだ。「キャンディーズをもっと聴きたくなりました。振り付けもメロディーも覚えやすい」

    17~34歳の男女13人で構成する虎姫一座。キャプテンの「なお」さん(29)は創立メンバーの一人だ。
    公演後、これまでの道のりをしみじみと振り返った。「結成当初、客席を見渡すとがらがらで、お客様より出演者が多い時もありました」。
    だが、数年前から昭和の良さを見直す動きも出てきた。「当初は60~70代が中心でしたが、年齢の幅が広がり、20~30代の人が増えてきました」。
    なおさんは背景をこう考える。「若い人は昭和歌謡を『新譜』として聴いているのでは。
    私も虎姫一座に入る前は洋楽やヒップホップを聴いていましたが、昭和のメロディーや歌詞の良さを知ると、そればかり聴くようになりました。
    スターがスターらしい時代でもあった昭和そのものにも魅力を感じます」

    (2以降へ続く)



    【この時代に「なぜ」! 10~20代も夢中「歌詞の力が圧倒的」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/20(月) 09:43:34.29 ID:CAP_USER9
    ◆「報酬91,000円(ペリカではございません)」『カイジ』帝愛グループの黒服バイトが話題

    アルバイト求人サイト「an」が、ギャンブル漫画『カイジ』シリーズに登場する企業・帝愛グループの黒服バイトを募集中。
    報酬は1日約9万円とあって、「すっごい嫌な予感がするけど応募してみたい」「金銭的にはめちゃくちゃホワイトだよな!?」と話題になっている。

    今回募集しているのは、『カイジ』を原作としたバラエティ番組「人生逆転バトル カイジ」の収録をサポートするための人員。
    採用されたら帝愛グループの従業員として、本番当日の進行サポートや参加者の案内、雑用、会場盛り上げ、さらに利根川への報告文章作成業務を請け負うことになる。

    実施日は「12月上旬の土日1~2日間(予定)」となっており、報酬は91,000円。
    交通費も全額支給され、勤務が1日になった場合でも規定通りの金額が支払われるそうだ。

    ちなみに募集要項の報酬の欄には「>>91,000ペリカではございません」と注意書きが。
    ペリカというのは漫画に登場した通貨単位で、主人公・カイジが借金返済のために強制労働させられた地下施設でのみ通用する通貨。
    91,000ペリカというのはカイジが手にしていた金額にちなんでいる。

    さらに応募資格の欄にも「趣味がボウリングの方」「実直な性格の持ち主」と黒服軍団のプロフィールに基づいた記述があり、「芸が細かいなwww」「黒服と言ったらボウリングだもんな」「ここまで忠実だとやっぱり単位もペリカなんじゃないか…?」と原作ファンも興味津々。
    「収録中にざわ… ざわ… しない方」という項目もあるので、何かと「ざわ… ざわ…」したがるファンにとってはもどかしい仕事になるかもしれない。

    「人生逆転バトル カイジ」は2017年12月末に放送予定。
    人生の一発逆転を夢見る出場者たちが、『カイジ』にちなんだゲームで競い合う。

    参加者の公募は締め切られているが、黒服として採用されればゲームに挑むことなく報酬ゲットが可能。
    興味のある人はぜひ応募してみては?

    ダ・ヴィンチニュース 2017年11月19日 20時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13913535/

    【漫画『カイジ』にちなんだバラエティ番組、“帝愛グループ”の黒服バイトを日給9万円で募集中…業務には「利根川への報告」も】の続きを読む

    1: きのこ記者φ ★ 2017/11/21(火) 13:53:46.23 ID:CAP_USER9
    女優の広瀬すずが、20日に自身のインスタグラムを更新し、
    同日主演を務めることが発表された2019年度前期・NHK連続テレビ小説『夏空』について、
    「私で大丈夫なのか…」と心境を吐露。
    ファンからは「すずちゃん頑張れ!」など応援のメッセージが寄せられている。

    2019年4月から放送予定のNHK連続テレビ小説100作目となる『夏空』は、北海道の十勝を舞台に、
    戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が漫画映画(アニメ映画)の魅力を知り、やがて東京で絵を描く仕事につきたいと
    夢を抱き上京、アニメーターとして成長していく姿を描く。

    広瀬はインスタグラムで「朝ドラ。こんな側にある言葉になる日がくるとは。朝ドラ100作品目。大きな節目。私で大丈夫なのか…」と心境を吐露したうえで、
    「頑張ります。まだまだ先ですが。よろしくお願いします」と決意を新たにしている。

    投稿を見たファンからは、「すずちゃんなら大丈夫」「毎朝、すずちゃんが見れると1日がすごく頑張れる気がします」
    「不安も大きいと思うけど、すずちゃんが頑張っている姿を見れるのが楽しみです!」「いつかやってほしいって思ってて願いが叶った~!」
    「すずちゃん頑張れ!」など激励のコメントが寄せられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00052836-crankinn-ent



    【「私で大丈夫なのか・・・」 広瀬すず、インスタグラムに朝ドラヒロインになる心境を吐露 】の続きを読む

    このページのトップヘ